<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2013.06.12 Wednesday

変態対談始めてみて

思った以上に好評で嬉しいです。

ラジオに限らず俺と近藤さんの普段してる話は自分でも面白いと思ってたし
(俺が完全に酒に呑まれてたのは反省点ですが/笑)
これを二人の間で完結するのはもったいないと思っていた。

実際にピンクリボン軍のファンの方にも
「彼を引っ張りだしてくれて本当に感謝しています」
といった趣旨のメールをもらったし
俺の関係者にも近藤さんに一気に興味を持ってFACEBOOKで友達申請した人もいる。

対談でもあった変態と変態は惹かれ合うじゃないけど
あの音声一つで色んな繋がりが広がっていった感覚がある。

俺自身、中学高校の大事な時期に
近藤さんのような変態との出会いがなかったことが喪失感が今でも忘れられない。
でも俺みたいな人って結構世の中多いと思う。
対談でも孤独な変人なんてキーワードが出たけどそれってまさにあの頃の俺自身のことなんだ。
だからこそそんな人たちの疎外感や喪失感が痛いほどわかる。

でも今はネットがあれば簡単に繋がれる。

今回の対談をシェアすることで自分は変態のままでもいいんだ、
社会や学校や職場のフツーな人たちの圧力に屈する必要なんてどこにもないんだと
少しでも思ってくれたのなら本当に嬉しい。
自慢ではありませんが俺の周りには近藤さんの他にもぶっ飛んだ変態ばかりです(笑)
不定期ですが今後も色んな変態を紹介していくつもりですのでお楽しみに!

2013.06.08 Saturday

変態対談始めました


先日、LaMBDAの近藤将之さんと対談の音声を録ってきました。
近藤さんのことを簡単に紹介するとピンクリボン軍というバンドで
2003年インペリアルレコードよりメジャーデビュー。

2007年9にバンド解散後、現在はLaMBDAというグループで活動しています。

彼とは高校が同じでバイト先も同じだったこともあり
以降、良き先輩として仲良くさせていただいています。

以前、彼がやっていたラジオ番組に準レギュラーみたいな感じで
出させていただいていた時期があって意外とそれが好評だったんですよね。
また機会があればやってみたいと思ってたし
普段の俺と近藤さんの雑談は自分でいうのもなんですが
かなり面白い話をしていると前々から感じていたので
それをもっと色んな人に聞いてもらいたく
今回対談という形で録らせていただきました。

正確には対談というよりもただの酔っぱらいの雑談かな(笑)。
マイクのゲインも録りながらいじるくらいテキトーだし
BGMやジングルなども一切入れてないので
酒を置く音や救急車やバイクの音もバッチリ聞こえてしまってる上に
俺も酒が入って呂律が回っていませんが
ここまでリアルでぶっちゃけてる対談は他ではまず聞けないと思います。
ビール片手に一緒に飲み会に参加してるノリで聞いてもらえれば嬉しいですね。
ただし内容的には要注意ですが(その理由は後に書いてあります)。

対談の聞きどころをざっくり書くとこんな感じ。

二人の出会い。
変態と変態は惹かれ合う。
音楽の単価。
近藤がミュージシャンを目指すようになったきっかけ。
バンド漬けの毎日からメジャーデビューへ。
ワ●ミもビックリなデビュー後の過酷な日々。
某韓流アイドルのコンペの話。
kohtaroが近藤のミックスの悩みを一瞬で解決した話。
二人が考えるミュージシャン、アーティストとは。
近藤が絶対にメジャーシーンに戻らないと言い切る理由。
孤独な変人(笑)。
ピンクリボン軍解散の真相。
メジャーデビュー時の借金がなんと●●●●万円!?
今でも近藤が音楽を続けている理由と絶対に音楽を辞めない理由。

巷の音楽雑誌や音楽番組ではまずカットされるような
業界の裏側や金の話も盛りだくさんなので
例えば音楽でプロになりたい、
バンドでメジャーデビューがしたい、
バンド大好き、ピンクリボン軍は青春だった、
などなどある種の人たちの夢を見事にぶっ壊す可能性が非常に高いので
夢を夢のままで見ていたい方は聞くのは止めといた方がいいと思います。

音楽業界やバンドの世界の現実を直視する覚悟のある方、
ミュージシャン近藤将之を見届けたい方だけに聞いてもらいたい。

明らかに激ヤバな内容ですので一週間後には消します。
ダウンロードはお早めにどうぞ。
※公開終了しました。また公開する際はブログなどでお知らせします。

さっきも書いたように人によっては夢が壊れる内容ですが
背中を押される人も同時にいると思います。
それになぜ変態対談なのかも聞けばわかると思う(笑)。
俺も久々にこういう形で近藤さんと話せてよかったと思うし
改めて彼はロックだなと思いました。
今後、彼に限らず俺の周りの変態たちの声を発信していきたいと思ってますのでお楽しみに!

PS
現在、LaMDAの公式HPはないようですが
興味のある方は近藤さんのFacebookに気軽に友達申請してくれとのことです。
さらに変態対談の感想も伝えるときっと喜ぶと思います。
http://www.facebook.com/masayuki.kondou

PS2
ちなみに俺も実はこっそりFacebookやってます。
ここだけの話、変態になる前の高校一年生の頃の写真も晒しています(笑)。
友達申請は気軽にどうぞ。
http://www.facebook.com/kohtaro.suzuki

▲top

Mac