<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Dr.Martens | TOP | プロミュージシャンになれる確率 >>

2014.01.28 Tuesday

卒業

自分のレッスンからとうとう初の卒業生が出ました。
途中で修了や退会したり、短期講座や集中講座を修了した人は他にもいるけど
メインのカリキュラムを最後までやりきったのは彼が初。
だいたい2年半くらい師事してくれたのかな?
それだけの期間定期的に顔を合わせて同じ時間を過ごすのが当たり前だったので
これから先それがないと思うとちょっと寂しかったりします。

入門した段階では独学、自己流で音楽を作ってたので
「コードってなんですか?」という状態からのスタートでしたが
今では理論の知識などに関してはそこらのプロと遜色ないくらいまで成長したと思います。

でもだからと言って彼がこれで音楽を完全マスターしたのかというとそうじゃない。
音楽という物語の中ボスくらいを倒しただけ。
まだまだ倒さなければいけないボスはたくさんいるし、
攻略しなければいけないダンジョンもたくさんある。
ある意味絶望なのは生きている間でその全てを攻略するのは時間的に不可能であり
音楽を続けている限りエンディングやハッピーエンドが訪れることなんてないこと。
音楽を辞めてバッドエンドを見ることは出来ても。

俺も師匠に習っていた頃は
レッスンを修了すればもう音楽的な悩みから一切解放されるものだと思っていた。
プロになりさえすれば自分の一切の問題が全て解決するものだと思っていた。

ところが現実はその逆だった。
なまじ知識や技術がついたせいか
今まで見えなかったり、聴こえなかったり、気にならなかったものが
妙に目や耳や心に入ってくるようになった。
音楽を作る上での苦しみや負荷は一向に減らないし、むしろ増してる気すらする。
もちろんこのコードの出所はどこなんだろう?といった単純な悩みはなくなったけど
音楽でわからないことは余計に増えたと思うし
それは彼も同じだと思う。

でもだからこそ音楽は面白い。
終わりの訪れない音楽という物語の世界を楽しめるかどうかで
音楽家としての適正が問われるのだと俺は思っている。

これから先彼がどのような形で音楽をやっていくのかはわからないし
どのような音楽の物語の世界を歩いていくのかはわからない。
きっと壁や困難にこれまで以上にぶつかることもあるだろうけど
最後のレッスンの後で話した

「一生音楽やっていくんで」

という彼の言葉を聞く限りきっと大丈夫だと俺は信じている。

彼のようなミュージシャンと講師として関われたことを心から誇りに思います。

写真はレッスン後のプチ卒業祝いってことで近所のカレー屋で食事してきました。
もちろん俺のおごり。

PS
2014/1/31までに使える音楽理論の感想を送って期間内に入門された方に限り、
初回の月のレッスンを一回分無料で追加するキャンペーンをやってます!
またキャンペーン終了後はレッスン料金が(大幅に)値上がりします。
今週がラストチャンスです。
詳細はこちら。
http://kohtaro.com/wp/lesson/campaign/

それと久々にレッスンのFAQ更新してみました。
レッスンに興味のある人は一度見てみてください。
http://kohtaro.com/wp/lesson/faq/

09:22 | lesson | - | -

▲top

Mac