<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< BFD3 | TOP | これからはじめるDTMerのためのやさしい基礎知識 >>

2015.03.05 Thursday

久々に20歳の頃の音源を聴いてみた

20歳の頃に専門学校時代の同級生だった友人のヴォーカリストの
アレンジャー兼ギタリストみたいなことやっていた時期があって
久々にその頃の音源を聴いてみた。

基本的に自分の過去の曲を聴くとダメな面ばかりが耳について
拷問されたような気分になって怖くて聴けない曲もあるくらいなんだけど
もうそんなの通り越して懐かしさのあまり大爆笑した(笑)。

当時は理論の知識も音作りの技術も機材も未熟を通り越してカスレベルで
コンピューターはMacG4の400で
プラグインや音源はCUBASE(当時はVST5)やReasonの付属や
今はもうディスコンでオワコンになっちゃったものやフリー中心、
ミキサーはベリンガー、マイクは58、
ギターはPOD 2.0と少々のコンパクトやマルチエフェクターでっていう
今思えばよくもまあこんな環境で音楽作れたな〜ってくらい酷かった。
なのでこの頃を考えると今からDAWやる人羨ましいです。

もう完成度的には恥ずかしくて絶対にネット上で晒せられないし
曲的にもモロにオアシスやピストルズみたいだけど
センスの欠片のようなものは我ながら感じるし
何よりその時なりに一生懸命音楽やってたのは曲を聴いて伝わってくる。
ちなみに余談ですが今使える音楽理論でBGMに使ってる曲も
彼とは別口だけど同時期に作ったもの中心だったりします。
なので未熟ながら当時からだいたい今の自分の基本スタイルはある程度確立してたと思う。

当時は彼が原曲持ってきたり、
俺がギター弾いて彼がアドリブで歌って
それを元にうちで一緒に作業しながら曲にしていた。
彼は結構天才タイプでどんなスタイルの音楽にもすぐに即興でメロディ付けたり、
レコーディングに対応できる人だったから
基本チームが嫌いな俺でも彼との作業は刺激的で楽しかった。

その後、彼が諸々の事情で実家に帰ったりして疎遠になり
今ではもう全く連絡とってない。
FBでそれらしい人見つけて友達申請したけど承認してくれないし(笑)。
でもこういった形で音楽として残っていてよかったなぁと思った。

もし気になる方はうちに来た時にでも聴いてみてください。
多分大爆笑すると思う(笑)。

PS1
以前メルマガ(現在休止中)で公開していたミックスのPDFを加筆修正して
DAWミックスのド・基本ということでコラムのページで公開しました。
ちょいちょい画像も挟んだので前よりもわかりやすいと思います。
面白かったらシェアお願いします!
http://kohtaro.com/wp/lesson/column/dawmix/

PS2
Youtubeのチャンネル登録が1000人を超えた感謝と記念という事で
期間限定でキャンペーンを行っています。
またキャンペーン終了後の2015/4/1よりレッスン料金が値上がりします。
今の料金体系で受講出来るのはこれが最後なので
レッスンに興味のある方はこの機会に入門をご検討ください。
詳細はこちら。
http://kohtaro.com/wp/lesson/campaign/

11:20 | voice | - | -

▲top

Mac