<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Youtubeの動画に関して | TOP | 最近の悩み >>

2015.06.23 Tuesday

音楽には金がかかる

これは昔から思っていたことなのですが
プロのミュージシャンになりたいわりに全然音楽に金をかけない人が多い。

だいたいみんなお金がないと口を揃えて言い訳するわけですが
そう言うわりには服買ったり、飲み会行ったり、
飯食いに行ったり、旅行行ったり、タバコ吸ったり、
ゲームに課金したり、ギャンブルしたり、
風俗やキャバクラに行く金はあるわけです。

なのでそれらに使っているお金を音楽にまわせばいいじゃない、
みたいに言うと

「鬼!悪魔!」
「私の生きがいを奪うんですか?」

みたいな反応をされることが多いわけですが
そんなにキツイ事言ってるかな。

逆に音楽にお金を使うことに断腸の思いがするくらいの辛さを感じるのなら
正直たいして音楽好きではないんじゃないかって思ってしまう。
特に趣味や遊びではなくてプロを目指すのなら余計に。

俺もそうだけど多くのプロミュージシャンが
機材や楽器、理論書、教材、スコア、CDに対してお金をかけて集めている。
もちろん仕事をする上で必要だからその投資として買うわけだけど
それ以上に音楽にお金を使う事をみんな楽しんでいると思う。
口では音楽はホント金かかるよな〜とは言いつつも。

中には音楽をやることよりも機材を集める方に夢中になりすぎて
手段と目的が入れ替わっているコレクター化してる人もいるけど
全く音楽にお金をかけないよりは全然マシ。

そういう俺も10代の頃は機材なんてスタジオ行けばあるんだから
それよりも服とか趣味に金かけたいなんてケチっていた時期はあったので
わからなくもないんだけどね。

なので音楽にどこまでお金を使えるかというのは
音楽への情熱、プロへの適性を図る一つの目安になると思う次第です。
だって好きな事にお金使うのって単純に楽しくない?

11:01 | voice | - | -

▲top

Mac