<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< これくらいしか出来ることがないもの | TOP | 芸を磨く事 >>

2015.10.04 Sunday

過渡期

超絶久々にブログ更新(笑)。

いや、9月は色々あったんですよ。
それについてはまた後日。

Twitterでなんか懐かしいネタTLに流れてきた。
http://www.dtmstation.com/archives/51957752.html

俺が本格的に打ち込み始めた2000年頃は
ちょうどハード環境からソフト環境、
そしてMIDIからオーディオ中心、
DTMと呼ばれていたものがDAWと呼び名が変わっていった
まさに過渡期の時期で個人的には激アツな時代でした。

当時自称最先端を目指していた自分は
ソフトオンリーの環境こそ未来があると思って
意地でもハード音源を使いませんでした。
なんか過去に戻るような気がして。

ただ後にカラオケや着メロ制作のバイトの話が来た時に
ずっとソフト環境で俺流に音楽作ってたからハチプロの使い方どころか、
GMやXGの規格もよくわかってなかったのでチャンスを逃した事がありました。
それ以前にハチプロ持ってなかったんだけど(笑)。

ただもう音楽の現場から間違いなく消えていくであろう
知識や機材だったからわざわざ覚えたり、買うのもバカらしくて。
それ以前に「ザ・打ち込み」って感じの音がもうダメだった。

なので自分のこだわりをゴリ押ししすぎたおかげで
音楽の仕事をするのに時間はかかりましたが
長い目で見ればあの頃の判断は決して間違いではなかったかな〜と思います。

こう書くと年寄りくさくなりますが
打ち込みを始めた2000年前後は音楽制作の過渡期でした。
で、今の時代も第二の過渡期が来ているように思う。
だから制作機材のアップデートで金がどんどん飛んでいます(笑)。
でもその悩んでいるプロセスはなんだかんだ楽しいです。
多分ここ何ヶ月かにかかけてじっくりアップデートしていきます。
ここ最近は機材関係あまりワクワクする事なかったので久々の感覚。
ブログでもちょこちょこ書いていこうと思いますのでお楽しみに。

写真は先日注文した機材。
なんと初期不良で電源が入らないという素晴らしすぎるオチ!
ショップに持ち込んで修理か交換の間、
デモ機を貸してもらえる事になりましたが…
早く音を聴きたい!

22:53 | equipment | - | -

▲top

Mac