<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 芸を磨く事 | TOP | XLD >>

2015.11.04 Wednesday

不問律

和声課題ができるページという事で下のサイトがTLで流れてきた。
https://www.senzoku-online.jp/wasei/

まだ試してみてないけどこういったツールで出来るのは
せいぜい禁則のチェックくらいでこれで課題を解いたからといって
本当の意味で和声はできるようにはならないと思う。
仮に禁則がなくても和音の響きが空虚だから、
ソプラノやバスの動きが美しくないからといった理由で
NGになってしまうことが少なくない。

ぶっちゃけただ禁則に引っかからないだけなら誰でもできると思う。
でもそこに+クラシックの様式的な意味での美しさも求められるから和声は難しい。
しかもそれは本には載っていない不問律だったりするから
こればっかりは優秀な先生につかないと習得できないと思うのが個人的な考え。
で、しかもそれは厄介なことに言語化するのが
非常に困難なのでそもそも本とかに書きようがない。
こういう部分が独学で作曲を学ぼうとする人の大きな壁の一つなのかなと。

なので個人的にはこんなサイトでちまちま課題解いてないで
優秀な先生にさっさと習いに行きやがれ、と思うわけだけれども。

でもこんな言語化が困難な不問律は
別にクラシックに限った話ではなくてありとあらゆるジャンルに存在する。
例えばロックでも最高のロックを聴いた時に個人的には思わず音に勃起する感覚がするんだけど(笑)
これって歪んだギターに激しいビートさえ乗れば表現できるとかそんな類でもない。
同じコード進行、同じ楽器編成でもビンビンになるロックもあれば、
逆に明らかに勃たないロックもあるわけです。
もちろん両者を分かつ原因には個人の好みというも大きいけれど、
同時にロックの不問律が抑えられているかどうかも大きいと思っていて。
それを掴むことができる人がいわゆるセンスのいい人です。

だからクラシックの作曲の勉強するようになって
想像以上にセンスの領域が多いのにはビックリした。
音楽理論は一応学問の枠組みに入るみたいだけど、
でも個人的には技術という言葉の方が適切だと思う。
学者よりも職人の世界の領域というか。
こういう領域をコンピューターが担うのはまだまだ時間がかかりそうな気がします。
ま、そんな時代が来るのも楽しみではあるけれど。

19:29 | voice | - | -

▲top

Mac