<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 不問律 | TOP | 2015年を振り返って >>

2015.11.12 Thursday

XLD

Macで音楽やってる人ならだいたい使ってるでしょう。
WAV、AIFF、mp3など様々なサウンドのフォーマットの変換が可能な便利ソフトです。
http://tmkk.undo.jp/xld/

最近はハイレゾ配信も少しずつ一般的になってきましたが
FLACなどiTunesで読めないファイルもあります。
そういった場合はこれでAIFFに変換すればOK。

しかもこれで基本無料なので
(気に入った人は寄付という形で支援が可能)
Macユーザーは是非ともインストールおすすめします。

あと個人的に重宝しているのがCDの読み込みがiTunesよりも正確な点。
たまぁ〜にだけどiTunesって
CDから読み込んだデータに不備があったりするんだよね。
当然、そのデータを再生すると音が飛んだりなどの不具合がある。

実際に今日あるアーティストの音源をiTunesで久々に聴いてみたら見事に音飛びしてた。
で、読み込み直そうと思って棚からCDを探したけどない。
そうだ、プロになったばかりで仕事がなかった時期に金に困って売った限定盤の音源だった(笑)。

幸いにも通常盤がアマゾンで激安で中古で売っていたので注文したんだけど
あの頃にiTunesではなくてXLDで読み込んでおけばこんなことにはならなかったのにな、と思いました。

なのでMacユーザーの方は手持ちのCDの読み込みにもXLD使ってみてください。
時間はiTunesよりもかかりますが全然信頼できます。

apple信者を公言してるけどぶっちゃけソフト周りは品質良くないから要注意です(笑)。

特にここ最近は本当に酷い。
Yosemiteなんてここ数年で一番酷い出来だったし、
最新OSのEl Capitanも全体的にいい感じなんだけどちょいちょい不具合がある。
あちらを立てればこちらが立たずってパターンが多くて本当残念。
かといってMacユーザーをやめるという選択肢がないのが辛いところ(笑)。
なのでモバイル関連ばかりに一生懸命になるんじゃなくて
もうちょっとソフト周りを頑張ってほしいなと思う今日この頃です。

追記。
バグ発見しました。
CDをリッピングする際にアルバムのタイトルが日本語で長すぎるものは
プリギャップを検出中できずに落ちてしまいます。
その場合は一旦iTunes等でタイトルを短くすれば読み込めるので
読み込み後、タグ情報を修正すればOK。

15:09 | Mac | - | -

▲top

Mac