<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 最近の打ち込み音源 | TOP | Giant steps >>

2016.05.01 Sunday

クリティカルエイジ

言語の世界にはクリティカルエイジというものがある。
ある年齢を超えると母国語以外をネイティブ並みに習得するのが難しいというラインだ。
音楽の世界にもクリティカルエイジはあって一番有名なのは絶対音感。
5、6歳までに音楽教育を受けないと身につかないと言われている。

他にも演奏家の世界にもクリティカルエイジは存在する。
クラシックの世界では(特にピアノやバイオリンなど)
プロになる見込みのない生徒には小学生や中学生の時点で
師匠からプロは諦めろと死刑宣告されるのも珍しくない。
努力さえすれば夢は叶うなんて夢物語と一蹴される厳しい世界だ

ただ個人的には作曲にはクリティカルエイジはないと思う。
これは自分自身がそうだし、実際に教えていてもそう感じる。
作曲は言語や演奏と違ってフィジカルな部分にあまり依存しないから
割と遅くから始めてもやる気さえあれば案外モノになるのだと思う。

実際にプロの人でもレイトスターターの人は少なくない。

なので興味のある人はもう歳だからとか言わずに
今からでも全然遅くないので是非ともチャレンジしてもらいたいと個人的には思っています。

でも逆を言うとでも年齢や肉体のハンデがない分、
もともとその人が持っているモノがより問われる事になると思う。
つまり言語や演奏のように年齢を理由にした言い訳の類はほとんど通用しない事を意味する。

なのでどちらにしても簡単な世界ではないのは確かだけれども
スタートする年齢に依存しないのは救いかなと。

01:18 | voice | - | -

▲top

Mac