<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 2000人斬り記念のキャンペーンやります | TOP | 邂逅 >>

2016.11.11 Friday

SSD

先日、新しいMacBookProがリリースされましたね。
Touch BarとTouch IDが追加され端子がUSB-Cに変更されたことが話題になりました。
が、相変わらず新しいMacProは出ない(笑)。
これは予想ですけど多分今度のiMacには
Touch Bar付きの新キーボードが付属されることになる流れだと思います。
となると時期iMacのリリースは先になりそうだし、おそらくMacProも当分出ないでしょう。
むしろMacProは今後リリースされるのかっていう不安もあります。
appleがディスプレイ事業から撤退するという噂もあるし。

なのでこれまでしばらく買い替えのタイミングを伺っていましたが、
状況がはっきりするまでは今のMacProを延命させて
使い続けた方が賢明かなと思い起動ディスクをSSDに変更することにしました。

今のMacのデータを全てSSDに移行するのはコストがかかるし、
容量的にもRAIDにしたりとかの手間がかかるけれども
起動ディスク程度の容量ならずいぶん安くなっていて驚いた。

なので起動ディスクはSSD、
音楽制作関係のファイルやiTunesのファイルなどの
容量がでかいものはSSHDでしばらくいくことにしました。

俺が買ったのはこれの512GBです。

ほんのちょっと前までは512GBなんて
とんでもない値段がしていたと思いますが
今はずいぶん安くなって驚きました。
あとは2TBのがもっと安くなれば音楽制作用として導入したいところです。

ちなみにAmazonで購入したのですが
プライム会員でもないのに注文したその日に届いてびっくりしました。
そのこと自体は全然いいのですがこのサービスを実現させるために
その裏側にはどのような背景があるのだろうかと想像すると
軽く恐怖を覚えるのは自分だけでしょうか。

今回初めてSSDの現物を手にしたのですが随分と軽くて小さいんですね。

ただこのままだとうちのMacProに接続できないので秋葉館でマウンタも購入。
このマウンタを使えば旧MacProにもHDDと同じように接続が可能になります。

データの移行には毎回寿命が縮むような緊張感があるのですが特に問題もなく移行完了。
音楽以外の作業で使っているMacBookProの方で
もうSSDのスピードを体感しているのでそこまでの感動はないのですが、
やはりHDDよりも全然早いのは使っていて気分がいいです。
特に起動に関しては段違いに早い。

ただうちのMacProだとSATAが昔の規格のようなので
SSDのスピードを引き出せていないようです。
そこでPCI-ExpressにSSDを接続できるキットと組み合わせると
もっと高速に使えるようなのですが現状で特に不満はないので今回はこれでいいかな。

CPU的には実は昔のMacProでも
音楽制作くらいなら全然いけるので
少なくともあと1年、長ければ2年は今のMacProで戦っていこうと思います。
それまでなんとか壊れずに持って欲しいところ。
そして次のMacProもちゃんとリリースされて欲しい(笑)。

あとここからは個人的な予想ですが音楽制作もUSB-Cが標準となっていくように思います。
なので来年くらいからUSB-Cのオーディオインターフェイスとかリリースされていくんじゃないかな。
あとはUADなんかも仮に3が出るのだとしたらUSB-Cで出そうな気がします。
外付けHDDなども今は高いですが多分これから安価になってくると思います。

そう考えるとこれまでのThunderboltとは一体何だったのかという感じだよね(笑)。
USB-Cとは互換性はあるみたいだけど全然広まらなかったし、
結局のところappleの自己満足だったな〜というのが正直なところです。
USB-Cは同じ轍を踏まないでもらいたいですね。

PS
Youtubeのチャンネル登録が2000人を超えた感謝と記念という事で
期間限定でキャンペーンを行っています。
レッスンに興味のある方はこの機会に入門をご検討ください。
詳細はこちら。
http://kohtaro.com/wp/lesson/campaign/

22:18 | Mac | - | -

▲top

Mac