<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 筋トレ辞めました | TOP |

2018.11.10 Saturday

第二回Extendグループレッスン

先週第2回目のエクステンドのグループレッスンを行ってきました。

今回は秋らしくマイナーキーがテーマということで
マイナーキーであれば
楽曲のジャンル、コード進行、テンポ、キー、編成は自由。
さらにマイナーキーが母体であれば
メジャーキーへの移動や
他のモードの要素を取り入れるのもOKとしました。

前回はわりとコード進行の縛りがあったので
制作の自由度が増した分、
逆に何を持ってマイナーなのかを
各自が判断しなければいけないわけで
ある意味難しいお題だったと思います。

というのも、
例えばAm、G、Fといった進行があった場合に
AmをメジャーのVImととるのか、
それともマイナーのImととるのか、
それとも全体の進行がエオリアンなのか、
なかなか悩みどころだと思います。

もちろん単に音楽を作るだけであれば
各自が作りたいように作ればいいわけですが
これを誰が聴いても、
また理論的な視点からに見ても
マイナーキーであると認識できるかどうかというのが
今回のお題なので
単に好きなように曲を作るだけとは違う難しさがあるわけです。

なので今回は前回以上に
音楽性やスキル、音楽理論の理解度の差が
結果として如実に現れましたね。

実際にレッスンで途中経過を持ってきてくれた生徒さんに
「曲としては悪くないけどこれをマイナーキーと呼ぶには材料が足りない」
という指摘をした人が少なからずいます。

よく世間では調性音楽はメロディもコード進行も出し尽くされていて〜
みたいにドヤ顔で語る人いますが
「じゃ、君書けるの?」
と声を大にして言いたい。

実際書くとなると難しいですよ。
さらに書くだけじゃなく音楽的な美しさもなければいけないわけだから。
それは多分今回参加者全員が痛感したことだと思います。
知識的には知ってるし、出来るはずなんだけど
実際に作ると結構大変。
改めて自分の足元を見つめるいい機会にもなったと思います。

それとみんなギリギリまで作業をしていたせいか
会場に着く頃には疲労困憊の状態で
前回にはなかった緊張感というか、
ちょっと空気が重めだったのが印象的でした(笑)。

ただ同時にそれは前回以上に力を入れたという証明でもあって
やはりそれは普段のレッスンでは
なかなかここまで追い込むのは難しいというか
このような発表の機会だからこそ実現できたのだと思っています。

実際に今回は表に出しても恥ずかしくないクオリティの作品や
個人的にお金を出してもいいくらいの名曲も生まれたのは良かったです。

それとこの日は講義と総評のついでに
先日結婚した弟の結婚式用に書いた曲も聴いてもらいました。
前回のグループレッスン時に、
「あれ、kohtaroさんの曲はないんですか?」
というツッコミがあったのと、
たまたま今回のテーマにも合っていたので
聴いてもらいました。
正直まだレコーディング前の段階なので恥ずかしかったのですが(笑)
それが彼らの勉強や成長につながればと思ってあえて持って行きました。
もし今後機会があったら公開するかもしれません。

そして当然今回もグループレッスン後は打ち上げへ。
おそらく今回が今年集まる最後の機会だったと思うので
ちょっと早めですが忘年会も兼ねてガッツリ打ち上がってきました。
疲労困憊でもお酒はなぜか飲めちゃうのは面白いですね。

というわけで早くも次回のグループレッスンも楽しみなのですが悲報もあって。
というのもこれまでグループレッスンで使っていた会場がclosedすることが判明!

鍵盤もホワイトボードもプロジェクターもデスクも椅子も音響も
全部揃っていてさらにお値段もお得だったので重宝していたのですが。。
(予約時は9月だったので今回はギリギリ使えたのが不幸中の幸いです)
なので次回以降の会場をどうしようか現在検討中です。

一応いくつか候補はあるのですがオススメあったら是非教えてください。

ではでは参加した皆様、お疲れ様でした。
来年になるかと思いますがまた第三回もやりましょう。

PS
生徒増加と講師多忙のため
新規の生徒の受付を2018年いっぱいで一旦締め切ります。
受付再開は2019年春以降を予定しています。
レッスンをご検討中の方はこの機会にどうぞ。
https://kohtaro.com/wp/lesson/

17:13 | lesson | - | -

▲top

Mac