<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 音楽の勉強においてメモとるのに一生懸命になるのはやめた方がいいという話 | TOP | 勝手にやればいいじゃない >>

2019.03.16 Saturday

ついにA4の五線紙のルーズリーフを見つけました


ついにA4の五線紙のルーズリーフを見つけました。

これまでずっと探してみたのですが
他のサイズ(B5とか)はあったり、
ノートや剥ぎ取り式あっても
A4のルーズリーフというのはなかったんですね。

が、それが先日ある生徒さんがレッスンで
A4のルーズリーフで課題を書いてきたので
「え、これどこで買ったの?」
と聞いて速攻でAmazonで注文しました。

これまでリードシート形式で書く時や
普段レッスンではコクヨのA4の剥ぎ取り式を、
クラシックの勉強ではコクヨのA4の五線ノートを使ってました。


が、取り回しを考えるとルーズリーフがいいなと思う
シチュエーションもあるわけです。

剥ぎ取り式だと片面にしか基本ないので、
結果ファイルが分厚くなるし、
ファイル自体もまあまあ高い。

ノートだと特定のページだけを差し替えたりとかが難しいし、
何度も開いたり、閉じたりをしていると
ノート自体が劣化して破損したりも。
(上のコクヨの五線ノートはリング式なのでそこは安心)

かといってB5のルーズリーフだと個人的には小さすぎる。

なのでA4のルーズリーフの五線紙があればいいのにな〜と思ってたのですが
それがついに見つかったので念願叶ったりという感じです。

というわけで作曲はもちろん、
特にクラシックの和声や対位法などの範例の浄書関係に重宝しています。

ちなみに紙質自体も結局良くて
ノートだと前に書いたものが
ちょっと透けてしまったりすることが少なくなったのですが
ほとんど気にならないくらいの
充分な厚さがあるのでオススメです。

02:25 | equipment | - | -

▲top

Mac