<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 勝手にやればいいじゃない | TOP |

2019.08.09 Friday

第三回Extendグループレッスン

先週第3回目のエクステンドのグループレッスンを行ってきました。

今回のテーマはある楽曲のコード進行を元にした制作をテーマにしました。

実は一回目のグループレッスンもテーマ的には同じで
前回同様全ての発表が終わった後に
当日ネタバラシ&原曲のアナライズをする流れも同じなのですが
今度はより複雑な進行なので理論的な理解力が求められます。
なので各自が去年からどれだけ成長したのか確認するいい機会かなと。

ただ理論的に難しい進行なのでみんな同じような曲にならないか
少し心配してましたが蓋を開けてみたら見事なくらいバラバラでした。
アイドルっぽい曲もあれば、
ジャズ、フュージョン系、
ブレイクコア、アコースティック系、
さらにはラップまでと
結果、バラエティ豊かな楽曲が集まりました。

ただ時期的には夏ということもあり夏っぽい曲は多かったですね。
でもそれはコード進行とは何も関係ないところなので
各自の個性が出たということなんでしょう。
原曲には全然夏っぽさがないのでこれは意外でした。

あと今回は全体的に質疑応答がこれまでよりも積極的だったのが印象的でした。
今回は残念ながらこれまでよりも発表での参加人数が少なめプラス、
質問魔のH君が残念ながら欠席でしたので
正直大丈夫かなと思ったところはありましたが全然杞憂でしたね。
ちなみにH君からは欠席の連絡と合わせて
近況報告とおろし銀MacProを買うメールが来たので次回が楽しみです。

ただ今回唯一残念だったのはMVPが該当者なしだったところです。
全般的に意外な楽曲が集まったり、
著しい成長を見せた人もいたりと個人的には嬉しい出来事はありましたが
1回目、2回目のMVPの人たちのような
突き抜け感が全体的に足りなかったのは正直なところです。
これは次回に期待ですね。

そして原曲のアナライズ。
今回の楽曲のコード進行はかなり理論的には難しく
プロでも初見ではなかなか理解するのは大変だと思います。
実際に某番組である有名プロデューサーがこの曲について
解説してましたが思いっきり間違えていたし。
ただエクステンドの人たちなら
これまで学んだことで基本全て理解できるはずなので
足元を再確認するいい機会だったと思います。

それと今回新しい会場を使いましたがなかなかよかったです。
駅からは若干歩きますが予約もしやすかったし設備的には何も問題ない。
ただ若干スタッフの手際が微妙だったかな(笑)。
こちらも今後に期待。

そして今回も当然グループレッスン後には打ち上げに。

今回も様々な音楽関係の話に花が咲きました。
初参加の人も今回は割といましたが
すぐに仲良くなれるこのクラスの良いところです。

おそらく次回のグループレッスンは来年になるかと思いますが
第四回もやりますので乞うご期待。

ではでは皆さまお疲れ様でした。

PS
打ち上げの席で話題になったアーティストがなかなか興味深かったので
この機会なのでシェアしておきます。

Billie Eilish/bad guy

https://www.youtube.com/watch?v=DyDfgMOUjCI
間違いなく今年の上半期は彼女でしょう。
このような音楽性がポップミュージックとして
受け入れられているのは本当に驚き。
でも同時に時代にも合っているとも思います。

BAD HOP/Kawasaki Drift

https://www.youtube.com/watch?v=I4t8Fuk-SCQ
今の若い世代に圧倒的に支持されているHIP HOPクルー。
川崎区で有名になりたきゃ人殺すかラッパーになるかという
パンチラインが強烈かつ話題の曲ですが
サウンドのクオリティも高い。

Sélébéyone/Are You In Peace

https://www.youtube.com/watch?v=IpI5DRObPBU
コロンビア大学で博士をとったサックスプレイヤーの
Steve Lehman率いるSélébéyone。
インテリ度が高い実験的かつ最先端のジャズに
セネガル人のラッパーの組み合わせがユニーク。
アルバムも最高に素晴らしいので是非こちらから購入してみてください。
https://stevelehman.bandcamp.com/album/s-l-b-yone
一時期こればかり聴いてました。
が、Sélébéyoneの読み方がいまだに分からん。

Lil Peep/Runaway

https://www.youtube.com/watch?v=zMCVp6INpnw
亡くなってしまったのが惜しまれるLil Peep。
XXXTENTACIONやこの辺りはグランジラップと呼ばれてるみたいですね。
そのせいか我々世代には超懐かしい感じの雰囲気。
それを若い世代がやってるのが新鮮。

竹内まりや/プラスティックラブ

https://www.youtube.com/watch?v=3bNITQR4Uso
最近日本のかつてシティポップと呼ばれてたアーティストが
海外や今の若い世代にウケているというのを聞いたんだけど
Youtubeのコメントを見ても外国人のコメントが目立つように
多分事実なんでしょう。
EDMのような音の快楽性のみを追求した反動なのか
こういうアーバンなコード進行が逆に今の流行りなのかも。

長谷川白紙/草木

https://www.youtube.com/watch?v=O77-6NXd9Pw
今の若い世代のアーティストには驚かされる才能の持ち主が多いですが
その中でもズバ抜けてると思う。
個人的にはフランクザッパと近いものを感じますが
同時に日本だからこそ出てきた音楽だとも思う。

15:13 | lesson | - | -

▲top

Mac