<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 第四回Extendグループレッスン | TOP |

2020.11.02 Monday

第五回Extendグループレッスン


先日5回目のグループレッスンを行いました。
今回もオンラインでの開催です。

今回のテーマはなんと「自由」ということで
これまでのようにこちらからのお題はなし。
つまり各自が思う自信作を出すと。
発表時間内に収まり、
仮に仕事関係で書いた曲でも
権利的に問題なければ
本当になんでもあり。

縛りがない分より各自の得意分野で
勝負できると同時に
その人の音楽性の濃さが
これまで以上に問われるので
ある意味難しいテーマだったと思いますが
かなり面白い楽曲が集まりました。

キャンセルが出たり、
前回からあまり間が空いてないのもあり
いつもより若干人数が
少なめだったのは残念でしたが
音楽的にはこれまでで一番充実していたと思います。
久々にMVPも出ました。
(ちなみに3、4回目は該当者なし)

意外だったのは
今回自由ということなので
各自が得意な作風で
攻めて来るのかなと思いきや
これまで書いたことがない作風に
挑戦していた人が多かったのが印象的で
それなりに長い付き合いのある人も
こんな一面があったのかと
驚く場面が多かったです。

打ち上げ時にも話題になりましたが
例えば夏休みの宿題で
とりあえずなんかやってという
ぼんやりした指示でも何か出来る人は
クリエイター向きの性格だと思っていて。
逆に具体的や指示や課題を出されないと
何もできない人は
ぶっちゃけクリエイターには不向き。

ですので今回のように年に一度くらいは
「自由」なグループレッスンをするのは
クリエイターとしての器を試す
良い機会としてありかなと思いました。

グループレッスン後は
当然のごとくオンライン飲み会へ。
とはいっても
今、自分は絶賛禁酒中なのでノンアルで。
それでも結局は11時過ぎまでやってたので
本編入れると7、8時間は
やってたことになりますが
でも音楽の話題となると
あっという間に時間が過ぎていきますね。

今回も最近聴いてる音楽の話題であったり、
人によっては久々のプチレッスンであったり、
打ち上げでしか話せないぶっちゃけた話、
(改めて世間は狭いなと思いましたとだけ言っておきます)
参加者の半分はプロ、セミプロだったのもあり
仕事の話なんかも打ち上げ中に出たので
非常に充実していたと思います。

レッスンとしての機能だけではなく
クリエイターのサロンとしても
発展している感触が間違いなくあるので
今後もオフライン、オンラインうまく使い分けながら
やっていきたいと思ってます。
来年はコライトなんかもやってみたいと思ってますので
今回参加しなかった方も次回は是非。

PS
今回も打ち上げ時に話題になったアーティストについて
ブログでもいくつか紹介しておきます。

DECAYS/ZERO PARADISE
https://youtu.be/v_Ci_Bxkp1s
DIR EN GREYのDieさんのプロジェクトバンド。
全然ノーチェックだったのですが非常に良くて。
失われてしまったかつてのV系の良さがある。
言われてみればディルの曲もメロディアスな曲は
意外とDieさん作曲でしたね、予感とか。
ディルファン以外にも聴いて欲しいですが
Spotifyにないのが残念。


Pretender/Official髭男dism
https://youtu.be/TQ8WlA2GXbk
非常にヒットした曲なので
存在は知ってはいたのですが
ちゃんと聴いてみるとは
実はミックスが面白い。
勝手にアナログっぽい感じを
イメージしてたのですが
質感がデジタル的で現代ならではの音作り。
特に低音や音の立ち上がりの速さ、
Bメロの隙間にそれを感じる。


ralph/Selfish (Prod. Double Clapperz)
https://youtu.be/xSMTQkbOf4g
実は前回のグループレッスン時にも
話題になってたのですが
個人的に今一番好きなラッパー。
先日のラップスタア誕生の
4代目王者にもなりましたね。
間違いなくこれからのラップシーンを引っ張っていく才能。


moon byul/Absence
https://youtu.be/NXnP06Ial08
ここ最近K-POPに限らずだけど
特にメロディやコードにおいて
90年代後半〜2000年前半あたりの
匂いのする曲が増えたなと。
なんだけどビートは最新のトラップだし、
ミックス(特に低音の処理)は現代ならでは。
ただ時代を繰り返すのではなく
確実にアップデートしているので
ここ最近のポップスは本当に聴いていて楽しい。


Rina Sawayama/STFU!
https://youtu.be/XojM2D3F-Dc
たまたまSpotifyでおすすめに出てきて
アー写が面白かったので聴いてみたら結構良くて。
全然知らなかったんだけど
情熱大陸とかにも特集されたり
注目されてるみたいですね。
こちらも90年代〜2000年前半あたりの匂いを感じるプラス
特にこの曲はリンプやコーン、エヴァネッセンスとかの
我々世代にはたまらない青春時代を思い起こす
ヘヴィロックなサウンドで非常にツボです。
ただ歌の譜割りがトラップ以降の三連のフロウを汲んでいたりと
現代ならではのアップデートをしてるのが面白い。

最後にこれは音楽で話題ではないのですが
打ち上げ時に話題になった本。

正直教える仕事をしてると
音楽のセンスとは別に
人が普通にわかること、
普通にできることができない人と一定数出会います。

長年その理由が謎だったわけですが
その理由の一つがこの本に書いてありました。

この本の中に出て来る非行少年ではなくても
認知機能がゆがんでいたり、
弱い人というのは意外と世の中にはいて
これまで教えてきた人の中にも心当たりある人がいます。

そのエピソード書くと
相当長くなるので別の機会にしますが
個人的には長年の謎が解けたのと同時に
非常に重い気分になりました。

が、同時にこの現実を
見て見ぬ振りをしてはいけないなとも思う。
有名な本なので読んだことある人も多いかと思いますが
去年読んだ本の中で
個人的には一番衝撃を受けましたので
機会があれば是非。

12:47 | lesson | - | -

▲top

Mac