<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ピックの持ち方 | TOP | 等身大の自分(笑) >>

2012.11.08 Thursday

no pain no gain

最近ジム通いを始めました。
ランニングが趣味でもう10年以上やってますけど筋力が落ちてるのを日々痛感していて。
ちなみにランニングは脂肪は燃焼されても筋肉はつきません。
それに普段家で座って仕事してるから筋肉を使う生活習慣でもないし。

そんなわけで筋トレの必要性を感じたのでまずは家で筋トレすることしたのですが
頭では本気を出さなきゃと思ってもどこか手を抜いてしまうんですよね。

これじゃ効果ないなと思ってお金を払って
週1、2くらいのゆるいペースですがジムに通うことにしました。

もちろん家でもできなくはないですが
お金と時間を犠牲にしてるんだという意識があると嫌でも本気になります。
おかげさまで今のところかなり効果大です。
ベンチプレスなどのウエイトトレーニングもやってるので
次回俺と会ったらもしかしたらマッチョになってるかもしれません(笑)。

でも結果を追求するなら、
その代わりに何かを捨てる、もしくは差し出す覚悟というのは必要だなと改めて思いました。

俺自身、昔は何気にドラマー志望だったんですよね。
でもなぜドラムをやらなかったかというと
家で練習できないからというのが一番の理由でした。

仮にリハスタで一日二時間個人練するとだいたい1000円はかかります。
つまり1000円×30日で月に約30000円かかる計算です。
10代の自分には練習するのにそこまでお金をかけるのはバカバカしいと思ったので
いつでも練習できるギターを選んだわけですがこれが意外に落とし穴で。

確かにヘッドフォンも併用すれば文字通りいつでも練習できますがなかなか集中できないんですよね。
本人的にはちゃんと練習してるつもりではいますが
ヴォーカル練習で外で個人練するようになってからその生産性の違いみたいのに愕然として。
そのことに気づくのに10年の月日がマジでかかりました。
外で練習すると無駄な誘惑がない分、同じ二時間でも全然濃さが違うんですよね。
でもこれは筋トレと同じで頭ではわかってはいても無意識のレベルでは絶対に手を抜いてしまう。

ネットやテレビを見ながら、
もしくは酒を飲みながらなどの
ながら練習してる人はハッキリ言いますが相当損してますよ。

そもそも家ってリラックスする場ですからね。
そこで何かを生み出す、自分を追い込むということ自体が不自然なのかもしれません。

昔はカフェとかで勉強してる人を見る度に
わざわざコーヒー代払ってまでこんなところで勉強するとは
なんてナルシストでバカな人たちなんだろう、
家でやればお金もかけずに好きなだけ勉強できるのにと思ってましたが
今ならその理由もわかる気がします。
実際に頭の良い人って自宅以外で勉強してるパターン多いですしね。

なので来年、遅くとも二年後くらいは外に自分の作業場作りたいなと思いました。
お金はかかってもその方が絶対に良い結果出せると思うので。

20:02 | dairy | - | -

▲top

Mac